『 がいあ 』 ニュースと航海日誌  『 2017年2月 』
 
2017年 2月16日(木) 『 がいあⅡ世 』ドライブオイル交換
本日、調査船『がいあⅡ世』陸揚げ洗浄とドライブオイル交換を行った。
2017年 2月8日(水) 船長・船員2名、調査員1名、会員1名
発地点名 天候:晴後曇。  風向風速:北西7m。  気温7~9℃
 
09:50 10:30 潮来港 (株)ジョイフル本田、本田記念財団様の助成で運航。
11:40 13:30 麻生桟橋 上陸。昼食等。
13:45 14:00 三又心 採水、透明度、プランクトン採取。
14:25 14:40 高浜入心 採水、透明度、プランクトン採取。
14:50 15:10 玉造桟橋 上陸。休憩等。
15:45 16:00 土浦港ラクスマリーナ 2名下船
16:10 16:30 土浦港 帰港後、片付等。走航距離129浬。
潮来のホテルを出た後、行方で昼食。前回できなかった調査ポイント、三又心、高浜入心へ。朝のうち風は吹いていたが、午後には大分収まってきた。水は緑味を帯びていたが透明度は低かった。
潮来の宿 ホテルの朝食
ワカサギ孵化場
凪いできた。高浜入心付近から観る筑波山
土浦港入港 変わりゆく土浦駅前
2017年2月7日(火) 船長・船員2名、調査員1名、会員3名
発地点名 天候:晴。  風向風速:西北西13m。  気温8~9℃
 
09:50 10:00 潮来港 (株)ジョイフル本田、本田記念財団様の助成で運航。
10:15 10:30 新横利根閘門 採水、透明度、プランクトン採取。麻生へは燃費節約で徐行。
11:20 11:35 横利根閘門 上陸。昼食等。
11:45 11:50 佐原港沖 採水、透明度、プランクトン採取。
12:00 12:20 横利根閘門 2名下船
13:00 13:15 新横利根閘門
13:30 13:40 潮来港 潮来泊、片付等。走航距離は明日に合算。
暴風の中、航行に思想のなさそうな狭水路を経て佐原港沖調査ステーションへ。横利根運河でも大曲では波立っていた。利根本川は大きな波で翻弄されながらの調査となった。潮来へ戻り再宿泊。
穏やかに見えるが暴風の横利根 ラダー取りが大変な風。横利根閘門。
潮来で早めに上陸し食事。以後欠航。 鎌倉時代建立、長勝寺観賞。
長勝寺鐘楼
2017年2月6日(月) 船長・船員2名、調査員1名、会員2名
発地点名 天候:晴。  風向風速:西北西15m。  気温13~15℃
 
09:40 09:50 土浦港 (株)ジョイフル本田、本田記念財団様の助成で運航。
09:55 10:00 土浦港ラクスマリーナ 採水、透明度、プランクトン採取。麻生へは燃費節約で徐行。
10:10 10:20 沖宿-防衛技研
10:30 10:40 牛渡-大須賀
11:00 11:10 江戸崎入心
11:25 11:40 麻生・和田沖 上陸。昼食等。
11:45 11:50 麻生桟橋 採水、透明度、プランクトン採取。
12:10 12:15 潮来港
12:30 12:40 外浪逆浦心
12:50 13:00 息栖真崎
13:10 13:20 逆水門上
13:25 13:40 常陸川大閘門
14:00 14:10 波崎河口
14:35 14:45 逆水門下
14:50 15:05 常陸川大閘門
15:35 15:45 北浦南心
16:15 16:25 潮来港沖
16:30 16:45 潮来港 潮来泊、片付等。走航距離は明後日に合算。
(株)ジョイフル本田、本田記念財団様の助成で運航。定期調査、長軸調査。1週間前、2月1日時点で7(月)新潟の週間予報は雪、翌2日の予報で8(火)は雪であったため爆弾低気圧がの発達が予想でき、大時化が予想されたが、次の予定がなかなか立てられないという事で無理した出航になった。牛渡、大須賀津沖STを調査中頃案の定強風が吹き始めた。西北西の強風だったため、行方沖の時化が予想され、三又心も極めて危険な状態のため、高浜入心を後回しにし、江戸崎入心の調査を行った。また明日はさらに酷い時化が予想され土浦帰港は不可能であると判断した。まだ走れるうちに何とか銚子まで航行することにした。北浦南心、外浪逆浦とも酷く時化た。翌日は狭水路のみの調査で無理を避ける計画に変更した。西浦はおおむね緑味か茶色味を帯び透明度は1m程度、北浦は抹茶のような色で透明度は低かった。
時化始め 浮島近く
弥生飯店の水質調査弁当 逆水門上
常陸川大閘門 銚子大橋
銚子河口上 本日の宿舎へ。
抹茶色下北浦の波浪。翻弄されながらの調査になった。
2017年 2月1日(水) 『 がいあⅡ世 』燃料250㍑給油
本日、調査船『がいあⅡ世』に軽油250リットル(県税事務所許可油)を給油した。
<<戻る