『 がいあ 』 ニュースと航海日誌  『 2017年11月 』
 
2017年 11月22日(水) 船長・船員2名、調査員1名、関係者1名
発地点名 天候:晴。 風向風速:西3m。 気温 3~6℃
 
06:30 06:40 潮来港 水深調査のため出航。
07:10 07:30 土浦港ラクスマリーナ 1名下船。
07:40 07:50 土浦港 帰港後、片付等。走航距離82浬。
昨夜は潮来泊りになり、早朝出航で土浦へ帰港した。西の風が吹いていた
朝の潮来
潮来大橋西
朝の永山沖
2017年 11月21日(火) 船長・船員2名、調査員1名、関係者1名
発地点名 天候:晴。 風向風速:北北9m。 気温 8~11℃
 
09:00 09:10 土浦港 水深調査のため出航。
09:20 09:30 土浦港ラクスマリーナ 1名乗船。
10:15 10:15 新横利根閘門 通航。
11:15 11:30 横利根閘門 通船。
11:45 12:15 利根川閘門 通船。
12:50 15:40 銚子桟橋 上陸・食事・休憩。
16:20 16:40 常陸川大閘門 通船。
17:00 17:10 潮来港 帰港後、片付等。走航距離は明後日に合算。
横利根川、利根川合流点、銚子観光桟橋水深調査のため出航。前回14日に横利根閘門通行止めのサインがあれば、事前に小見川閘門経由で迂回でき調査を行えたはずであったが、何の表記もなかったため、往復2時間と迂回に1時間かかる事、また帰りの燃料は足りなくなることが判明し、多くの損害を出して本日の再調査になった。国土交通省の事務所が違うという事で、他事務所管轄区いい気に看板を設置しにくいという事で一般国民が損害を受けることはあたりまえ的なふるまいは正常とは言えない。銚子からの帰りは様々な理由で日没後になるため、急遽潮来泊になった。
横利根閘門通船要求
利根川閘門通船要求
銚子到着間近
2017年11月19日(木日 『 がいあⅡ世 』燃料120㍑給油
本日、出航前の調査船『がいあⅡ世』に軽油120リットル(『非』免税経由)を給油した。
2017年 11月14日(火) 船長・船員2名、調査員1名、関係者2名
発地点名 天候:曇。 風向風速:南西4m。 気温 13~15℃
 
09:00 09:05 土浦港 水深調査のため出航。
09:10 09:20 土浦港ラクスマリーナ 2名乗船。
10:00 10:00 新横利根閘門 通航。
11:00 11:05 横利根閘門 通行止めで折り返し。
12:05 12:05 新横利根閘門 通船。
12:15 13:40 麻生漁港防波堤内 上陸・食事・休憩。
14:20 14:30 土浦港ラクスマリーナ 2名下船。
14:40 14:50 土浦港 帰港後、片付等。走航距離41浬。
横利根川、利根川合流点、銚子観光桟橋水深調査のため出航。横利根川入口の新横利根閘門付近には何の表示もなく、徐航1時間、横利根閘門に差し掛かった途端、点検通行止めの表示。戻りに1時間、迂回を考えると調査不能となり土浦に引き返した。帰宅後、霞ヶ浦河川事務所と利根川下流河川事務所に、事前に表示がないことに抗議した。
視界今一
別のGPSにも航路記録
三又沖航行中
<<戻る